有効成分の取り入れ

多くの化粧品に配合されている基本的な成分がコラーゲンです。 美肌を維持するのに必要な成分で、肌のハリや弾力を作ってくれている大切な物質でもあります。 コラーゲンはたんぱく質の一種で、体のあらゆる部位にあり、たんぱく質の約3割はコラーゲンでできています。 肌の場合は真皮層という奥の方に存在し、真皮層の約7割を占めていて、ハリと弾力ある肌を作ってくれています。 年齢と共に減少していくため、コラーゲン不足になるとしわやたるみが生じてしまいます。 そのため、これらを改善していくためには、化粧品などで不足しているコラーゲンを補ってあげる必要があります。 柔らかな弾力ある肌を作ってくれて、しわやたるみを改善してくれるので、スキンケアには取り入れたい化粧品の成分の一つです。

コラーゲンと同様にスキンケアになくてはならない存在なのが、ヒアルロン酸です。 粘性のある物質で、コラーゲン同様に体のあちこちに存在していて、体を作る役割を持っています。 肌の場合には、コラーゲン同様真皮層に存在し、網目状に広がったコラーゲンの間を埋めるようにヒアルロン酸があります。 水分を抱え込む機能を持っていて、1gで6Lもの水分を蓄えられる高い保水力を持ってます。 そのため、肌の保湿には欠かせない成分で、みずみずしい潤った肌を作るのには欠かせません。 やはり年齢と共にヒアルロン酸の生成量も減少してきてしまい、しわやたるみを作り出してしまいます。 潤いある肌になりしわやたるみを改善するためにも、化粧品にはぜひとも欲しい成分の一つです。